パイナップルケーキ


台湾旅行の土産をいただきました。
微熱山丘[SunnyHills]の『パイナップルケーキ』
こだわりの『パイナップルケーキ』らしいです。

台湾産パイナップルを100%(土鳳梨)を使用した『パイナップルケーキ』です。100%パインで作られた餡は、パイナップルの果肉が残っていて甘さのほとんどはパイナップル本来のものだそうです。
餡を包む生地はクッキータイプのサクサクとしたもので、ニュージーランド産のバターと日本産の小麦粉を使用しているそうです。タマゴも「紅殻鮮力蛋(めんどりに音楽をきかせて育てている)」と言う、かなり高価なものを使っているそうです。

実際に食べてみると、確かに生地は「クッキー」そのものではないですか。これ「ケーキ」じゃないでしょ。とツッコミたくなるようなハードな生地です。でもサクサクの中にもしっとり感があって美味しい。そしてパイナップル餡はと言うと、これまたビックリ。「餡」と言うより、パイナップルのドライフルーツのような感じです。甘過ぎず食べやすくパイナップル本来の甘みが感じられます。

僕の中で、これまでの「パイナップルケーキ」の概念を打ち破る「ケーキ」でした。
もしも台湾へ旅に行くならば是非とも買ってきたいと思います。